2022年8月1日

LIXIL 建材、リフォームに注力

 LIXILは建材事業と水まわり事業の10月以降の本格的な業績回復を見込む。4―6月期は銅・アルミといった非鉄金属など原料価格の上昇により、前年の同時期と比べて利益を大幅に押し下げた。直近で下落する銅価は来年1月以降に収益改善に寄与するとみられるほか、アルミも今年10月以降に価格下落分と円安影響が拮抗するとの見方を示した。鋼板と樹脂も10月以降の下落を想定。来期の収益改善への寄与に期待を寄せる。

おすすめ記事(一部広告含む)