2022年8月3日

アルミ二次合金 7月積み10―15円下げ決着

アルミ二次合金メーカーとダイカストメーカーなどの需要家筋との間で行われていた、7月積み小口向けアルミ二次合金価格交渉(単月、後決め)はキロ10―15円安で決着したもよう。自動車減産に伴う需要減や輸入塊相場の低迷が影響した。3カ月連続での下落となる。






未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)