2022年8月25日

シャープ、亜鉛利用し蓄電技術開発

 シャープは24日、亜鉛空気電池を用いた蓄エネルギー技術開発を開始したと発表した。レアメタルなどと比べ資源量が多く安価な亜鉛を蓄エネルギー物質に用い、「フロー型方式」と呼ばれるセル(充放電を担う部分)と亜鉛の貯蔵部がそれぞれ独立した構造を採用することで、低コストかつ大容量な蓄電システム技術の確立を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)