2022年9月1日

UACJ 再生材100%使用アルミ缶 CO2排出60%低減

 UACJは31日、サントリー、東洋製缶グループホールディングスと共同で、世界初となるリサイクル材を100%使用し、生産時の二酸化炭素(CO2)排出量を約60%低減したアルミ缶を製造したと発表した。今月6日から数量限定で発売されるサントリーの「ザ・プレミアム・モルツCO2削減缶」「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エールCO2削減缶」に採用される。将来的な環境負荷低減を見据え、リサイクルアルミ100%使用飲料缶の量産化と供給を今後推進する。

おすすめ記事(一部広告含む)