2014年4月1日

UACJ、統合効果150億円確実に

UACJは31日、統合後初めてとなるグループの将来ビジョンを発表した。130万トンプラスアルファの生産体制を確立。板の工場間での品種移管などを実施し、品目ごとに集中生産できる体制を築くなどして、統合前に明らかにしていた通り、150億円の統合効果を確実に実現するとした。米国で進展する自動車のアルミ化に対応するため、TAAでの自動車用パネル材素材の生産も検討するとした。
おすすめ記事(一部広告含む)