2022年9月2日

サンエツ金属 黄銅線加工賃上げ

サンエツ金属(本社=富山県砺波市、釣谷宏行社長)は10月3日受注分から黄銅線・銅合金線の加工賃を改定する。値上げ幅はおおむね1キログラム当たり60―120円で、加重平均では70円程度になる。これは製品販売価格の5%強、加工賃の20%程度に相当する。約4年ぶりの値上げで、エネルギー費など諸コストの上昇によるもの。今後も安定供給を続けるため価格見直しを決断した。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)