2015年7月15日

サンエツ金属、銅棒の生産販売開始

 サンエツ金属(本社=富山県砺波市、釣谷宏行社長)はこのほど、切削加工用の銅棒の生産販売を開始した。手掛けるのは無酸素銅とタフピッチ銅の主に丸棒で、対応サイズは外径85ミリメートルまで。すでに受注が入り始めており、今月末に最初の納品をする予定でいる。販売先の切削加工業者から黄銅棒と一緒に銅棒も調達したいというニーズがこれまであり、母材のビレットを外部調達することで銅棒も生産できるようにした。
おすすめ記事(一部広告含む)