2022年9月20日

鉛レス黄銅棒 製品問屋が扱い拡大

将来的な鉛規制の強化を見据え、非鉄製品問屋が鉛レス黄銅棒の取り扱いを拡大している。白銅は在庫のラインアップを強化する方針。サステナビリティー経営の推進の一環として、顧客が環境に優しい材料を利用できる体制を構築したい考えだ。需要面でも手応えを感じる声が聞かれ「今まで検討段階でとどまっていたケースが多かったが、足元ではじりじりと注文が伸びている」(都内の伸銅品問屋)。今後も環境意識の高まりから需要家が自主対応で鉛レス材へ切り替える動きは広まりそうだ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)