2022年9月26日

日本特殊管製作所 極細管絞り加工自動化

日本特殊管製作所(本社=大阪府富田林市、植村俊洋社長)はこのほど、極細管の端末絞り加工を自動化した。半導体通電検査のコンタクトプローブ向けに高付加価値化を図るため、極細管の片方の端末の絞り加工を手動で行っていたが、自動加工機を開発して省力化を実現。11月までに約1億円を投じて計4台を導入する。加工能力は従来比10倍の月150万本に引き上がる。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)