2022年10月18日

伸銅品 荷動き低迷長引く様相

 伸銅品市況の低迷が長引きそうだ。棒・管関係は7―8月から荷動きに急ブレーキがかかり、板・条関係も需要減退でメーカー納期が短縮。例年、秋季は建材を中心とした需要期といわれるが、今年はむしろ悪化をたどるような雰囲気に包まれ、「年内はこのまま厳しいか」(流通問屋)などと先行き不透明感が強い。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)