2022年10月28日

NJT銅管 下期平均月販3400トン

NJT銅管(本社=愛知県豊川市、物部哲郎社長)は2022年度下期(22年10月―23年3月)の平均販売量を当初計画より350トン少ない月間3400トン程度と見込む。ただ、足元では減少要因である需要家の部材不足が落ち着きつつあり、今後さらに落ち込む可能性は低いとも予想。加えて、燃料費の高騰が依然として収益を圧迫しており、このまま上昇が続いた場合は「来期までに再び値上げせざるを得ない」(物部社長)との考えを示した。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)