2022年12月7日

GSユアサ 車載LiB開発をEVシフト

GSユアサは来期(2024年3月期)からスタートする次期中期経営計画において、車載用リチウムイオン電池事業の研究開発をハイブリッド車用から電気自動車(EV)用にシフトする方針だ。EV市場が世界的に拡大しており、このほど30人体制の開発室を設置。高密度・高耐久などの製品特長を生かし、開発を加速させる。
おすすめ記事(一部広告含む)