2015年10月14日

世界鉄鋼協会、年次総会 公開討論を開催 中国需要ピークアウト

 世界鉄鋼協会は11、12の両日、米国のシカゴで第49回年次総会の公開討論を開いた。当面の需要見通しや基調講演などを通じて当面の課題を検討した。中国の需要が既にピークアウトしたことで低成長時代が当面続くという見方が示され、環境、エネルギーなどとともに鉄鋼業が持続成長する際の問題意識を業界で共有した。

おすすめ記事(一部広告含む)