2018年5月2日

米ITC、韓国製など線材AD最終決定

 米国際貿易委員会(ITC)は1日、韓国など5カ国製線材輸入に対するアンチダンピング(AD)調査で、米業界の被害を認める最終決定を発表した。米商務省は既に不当廉売の事実を認める最終決定を下しており、韓国製で41・10%のAD税が決まった。

おすすめ記事(一部広告含む)