2022年9月26日

梶哲商店、大板切断に対応 ファイバーレーザー導入

 厚板溶断・加工業の梶哲商店(本社=千葉県浦安市、寺越譲社長)は加工部門強化のため、アマダ製ファイバーレーザー「ENSIS(エンシス)6225AJ」(出力9キロワット)を導入した。今月下旬から操業を始め、早期に稼働率を高め、戦力化を図る。切板に加え、開先や穴開けなどの二次加工へのニーズが高まっており、レーザー加工を強化。最大加工寸法は6200×2580ミリと大板切断に対応できる。6段のパレットチェンジャーも付随し、大板切断を効率的に行える。既存の門型CO2レーザー2キロワット、6キロワットと合わせ、レーザーは3基体制となり、月間150―170トンの切断加工量を同250トンに高める。将来の展開を見据え、レーザー、溶断など切断加工に特化し、多様化ニーズを取り込む。
おすすめ記事(一部広告含む)