• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年7月13日

山陽特殊製鋼、金型用鋼を長寿命化 靭性は2倍に

 山陽特殊製鋼は12日、自動車部品製造に使用されるハンマー鍛造用型やダイホルダーなど金型の寿命を伸ばす熱間金型用鋼「QT41―ハーモテックス」を開発したと発表した。鋼材内部の炭化物の形状や組織を改良し、靱性は従来材比約2倍、軟化抵抗性は同1・5倍に向上したため、金型の割れや摩耗などを抑制する。

 被加工材の温度がセ氏900―1200度程度で使用されるハンマー鍛造などの金型には、代表的な熱間金型用鋼として、JIS規格鋼STK4が使用されており、同社ではSTK4に改良を加えた「QT41」を市場投入してきた。しかし、塑性加工技術の進歩に伴い、製品の複雑形状化が進み、金型への負荷が増大する中、金型材料に対する一層のひび割れ・欠けや摩耗・へたりに対する抵抗性の向上による長寿命化へのニーズの高まりを受けて、同社ではQT41の材料特性を大幅に改善したQT41―ハーモテックスを開発した。

 QT41―ハーモテックスは、合金元素を減少させながら、鋼材の組織を最適化することで材料特性を向上。炭化物の形態制御により、靱性は従来の約2倍に向上し、金型使用時の割れや欠けを制御する。同時に組織の熱的安定性を高めたことで、軟化抵抗性は従来材の約1・5倍に改善し、金型の長期使用時の摩耗やへたりを抑制する。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/09/20
H2新断プレス
35800円 (―)40800円 (―)
315.75ドル (-0.23)359.85ドル (-0.26)

 換算レート (TTS) 113.38円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/09/20調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22700023000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 709 704 707 702
電気亜鉛 303 297 303 297
電気鉛 285 282 285 282
アルミ二次地金 99% 212 207 212 207

非鉄金属市場価格へ