2021年8月30日

ヒューテック・オリジン、AI活用鋼板枚数計を開発

 検査装置・塗油機メーカーのヒューテック・オリジン(本社=高松市、平田秀鷹社長)は、AI(人工知能)を使った鋼板枚数計を開発した。AI機能と画像処理技術を組み合わせ、デジタルカメラで撮影した画像から製品枚数を検知する初のシステムで、計数作業の効率化を実現する。自動車向けのコイルセンター、部品メーカーなど鋼板加工業向けに販売を本格化する。年間販売目標は50台。

おすすめ記事(一部広告含む)