2021年11月25日

別府スリッター 鋼製スキッド開発 再利用可能・環境に配慮

 鋼板加工販売を行う別府スリッター(本社=千葉県浦安市鉄鋼通り、別府竜児社長)はこのほど、再利用可能なスチール製スキッド(台木)を開発した。自社での使用のほか、外部への販売も計画している。ウッドショックで材木が高止まりし、スキッドの調達・製作コストが大幅に上昇する中、繰り返し使用できる経済性の高さや、リサイクルしやすく、環境にやさしい点などをアピールする。

おすすめ記事(一部広告含む)