2020年3月4日

別府スリッター 第三工場を開設

 鋼板加工販売を行う別府スリッター(本社=千葉県浦安市鉄鋼通り、別府竜児社長)はこのほど、東京都江戸川区にシャーリング加工専用拠点となる第三工場を開設した。第二工場(千葉県浦安市港)からシャーリング加工を移すとともに、加工設備を入れ替え、最大板厚を従来の3・2ミリから6・0ミリへと厚物対応を拡充した。年内をめどに本社工場のミニスリッターも更新し、最大板厚を現在の4・5ミリから9・0ミリに高める計画で「より付加価値の高い加工を取り込みたい」(別府社長)考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)