2009年1月27日

日新製鋼、Ni系冷延 店売りスキップ

 日新製鋼は26日、店売り向けニッケル系ステンレス冷延鋼板の1月契約について、受注をスキップすると発表した。スキップは7カ月連続。

 市中の在庫調整は進んでいるが、もう一段の在庫削減が必要と判断した。周南製鋼所の12―1月の製鋼減産幅も通常比4割から5割強に引き上げており、ステンレス需給の早期適正化をめざす考え。

おすすめ記事(一部広告含む)