2009年1月27日

アイコー、鉄筋自動印字を開始

 関東地区の鉄筋加工最大手、アイコー(本社=東京都千代田区、相場康雄社長)は18日、東松山事業所(埼玉県比企郡)で鉄筋に鋼種、径の太さ、長さ、加工本数、鋼番を印字するシステムを導入した。鉄筋加工業界では初の試み。現場では判別し難い鋼種や径の違いなどを文字として表記するため材料の取り違いを防止できる。

おすすめ記事(一部広告含む)