2009年6月23日

JFEスチール、倉敷第3高炉を改修 300億円投資

 JFEスチールは22日、本年1月から休止している西日本製鉄所(倉敷地区)第3高炉の改修工事の実施を決めたと発表した。投資金額は約300億円。工期は本年10月から10年4月末の予定で、炉容積を現在の4359立方メートルから5055立方メートルに拡張する。火入れ時期は「今後の需要動向を見極めた上で判断する」(同社)。
おすすめ記事(一部広告含む)