2009年7月2日

東京地区の普通鉄線、弱含み横ばい

 普通鉄線は弱含み横ばい。市中価格は4ミリの規格線がトン当たり13万2000円、一般用線が12万4000円どころ。問屋販売数量は前年同月比4割程度少なく、加工メーカーの生産も5割前後の低水準が続き、需要は弱い。市況は調整余地を残している。

おすすめ記事(一部広告含む)