2009年7月7日

電炉ビレット、輸出価格が反発 東南アの引合い増

 電炉ビレット(半製品)の輸出価格が反発した。原料鉄スクラップ価格の上昇に加え、韓国や東南アジアからの引き合いが増えたためで、8月積みは主力の韓国向けでC&Fトン当たり440―450ドルとなった。直近安値と比べて20―30ドル高い。また、異形棒鋼は横ばいながら、ビレットの輸出価格に引っ張られて上昇する可能性が出てきた。

おすすめ記事(一部広告含む)