2009年7月9日

台・中国鋼鉄、対日鋼板全面上げ

 台湾の中国鋼鉄(CSC)は8―10月積みの日本向けの鋼材輸出方針を明らかにした。価格については対日輸出製品のすべてを値上げし、上げ幅は厚板が2000円、熱延鋼板と酸洗鋼板が5000円、冷延鋼板はばらつきがあり3000―5000円、溶融亜鉛めっき鋼板は4000円。数量については明らかにしていないが、高雄・本社製鉄所が粗鋼減産を継続していることもあって、低水準となる見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)