2011年7月5日

中国鋼鉄、石灰石鉄道を敷設

 台湾の中国鋼鉄(CSC)はこのほど、台湾東部の花蓮からの石灰石輸送を効率化するため、交通省鉄道管理局と協力して花蓮の山岳地帯から花蓮港まで専用鉄道を敷設した。これまでは山岳地帯から花東道路を通じて、トラック便で花蓮港に製鉄用の石灰石を年間に約160万トンを輸送していた。鉄道への切り替えを図ることで、物流コストとCO2排出を削減する。

おすすめ記事(一部広告含む)