2010年2月10日

普通鋼電炉12社、通期 全社減収へ

 普通鋼電炉メーカー上場12社の2009年4―12月期(連結10社、単独2社)決算が9日出そろい、全社が減収、経常ベースで東京鉄鋼、北越メタル、豊平製鋼の3社が増益、8社が減益、トピー工業が赤字となった。

 原料鉄スクラップが前年同期比トン2万円以上値下がりしたが、建設需要の低迷により鋼材販売価格がそれ以上に下落、販売数量の減少も響いた。東京鉄鋼は単価下落のスピードが緩やかだった。経常利益を上げた11社の売上高経常利益率(ROS)は同3・8ポイントダウンの9・5%。10年3月期は全社が減収、経常ベースで豊平製鋼が増益、東京製鉄が赤字、残り10社が減益を見込んでいる。

おすすめ記事(一部広告含む)