2010年2月12日

小野建、川崎拠点新設に75億円

 小野建は9日、川崎ヤード(神奈川県川崎市)新設に対する総投資額が約75億円になると明らかにした。

 現在、設備投資を進めている沖縄ヤードの増築と西日本スチールセンターのレベラー増設と合わせ100億円弱。設備が軌道に乗るには5年程度、利益で回収するには7年程度かかる見通し。「他社との差別化」(小野建社長)をめざし、長期的成長の礎とする考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)