2010年2月15日

BHP・リオ統合問題など、日本と欧州委が意見交換

 日本と欧州連合(EU)の鉄鋼産業が官民レベルで意見交換する日EU鉄鋼対話の第9回会合があす16日、ベルギー・ブリュッセルで開催される。

 中国、韓国の鉄鋼能力増強問題や、インド、ロシアの保護主義措置、BHPビリトンとリオ・ティントの西豪州での鉄鉱石事業統合問題など原料問題を議題に挙げ、議論する。中、韓の能力増強では鉄鋼貿易と市場への影響を、保護主義措置では継続へ手続きが進むロシアの大径管セーフガード(SG)問題を討議。このほか温暖化対策について排出権取引など欧州の動向などを聞き、日本の取り組みの参考にする。

おすすめ記事(一部広告含む)