2010年2月22日

京江シャーリング、加工量ピーク時水準に

 有力コイルセンターの京江シャーリング(千葉県浦安市)の今期(2010年2月期)加工量は前期比21・8%増の4万8000トンとなる見通し。

 自社販売、受託加工合わせて全体の5割超を占める自動車向けの回復が早く、7月から単月で黒字化。加工量もリーマンショック以前のピーク時と同水準に戻った。収益面でも通期で経常黒字を確保する見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)