2010年6月9日

韓国鉄鋼業、10年設投6000億円規模

 韓国鉄鋼協会(KOSA)がまとめた韓国鉄鋼業の2010年の設備投資計画は7兆8893億ウォン(5968億円)と前年比8・1%減少する。東部製鉄の電炉一貫熱延工場や東国製鋼の新厚板ミルの投資が一巡したたため、電炉メーカーの投資が40%減る。POSCOは高炉改修や新厚板ミルなど、現代製鉄は第2高炉新設などの計画を進めており、高炉の投資は13%伸びる見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)