2010年6月14日

電機資材、袖ヶ浦工場の機能強化

 新日本製鉄系の電磁鋼板専門商社、電機資材(本社=東京都千代田区)は11日、関東地区の加工拠点である袖ヶ浦工場(千葉県袖ヶ浦市)の機能強化を図ると発表した。

 10ミリ以下の電磁鋼板の高精度スリット加工が可能な狭幅専用スリッターラインを建設し、先週7日から営業運転を開始したほか、塗装・表面処理鋼板分野において幅・長さ公差厳格対応と袖ヶ浦工場固有のカエリ無しスリットの組み合わせにより新規加工需要の取り込みを進める考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)