2010年6月15日

新日鉄室蘭が好調 上工程フル稼働

 新日本製鉄棒線事業部室蘭製鉄所(北海道室蘭市、所長=升光法行執行役員)は、本年度上期の製鋼部門などの上工程が、ほぼフル稼働になっている。日系自動車メーカーの海外での回復と、苫小牧地区の自動車メーカーなどの生産回復が寄与している。

 圧延などの下工程部門は、トラックや建設機械などの需要回復遅れの影響で80%程度にとどまっているが、下期以降は徐々に回復を期待している。

おすすめ記事(一部広告含む)