2010年7月1日

住金、世界最軽量型アルミホイールを開発

 住友金属工業はこのほど、世界最軽量のアルミホイール「タフブライト」を開発し、販売を開始した。

 国内の大型トラックメーカーが4月に一斉採用したホイール取り付け方式「新ISO方式」に対応して従来品を改良。ディスク部に特殊な表面処理を施して疲労強度を向上させ、リム部の形状を変更して剛性を高めた結果、従来品と比べて9―13%の軽量化に成功した。軽量化により燃費向上、二酸化炭素排出の削減に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)