2010年7月15日

日鉄鋼管、中国軸に海外展開加速

 大手溶接鋼管メーカー、日鉄鋼管(谷山德法社長)は、2009年度下期を起点とする新中期経営計画を策定・実行しており、主力である小径の自動車用鋼管、建材用鋼管の両分野で「トップクラスの溶接鋼管メーカーをめざす」(谷山社長)方針だ。

 品質およびコスト競争力を一層強化するほか、中国・鋼管製造合弁である無錫日鉄汽車配件を軸に、海外展開を加速させながら、最終11年度で連結ベースで売上高390億円、経常利益30億円の達成をめざす。

おすすめ記事(一部広告含む)