2010年11月22日

東京地区のNi系ステン棒鋼、需要堅調 横ばい

 ニッケル系ステンレス棒鋼は横ばい。原料価格の上昇と、需要先の堅調さを背景に秋口では強含みに転じる可能性があったが、半導体関連の需要に一服感があることで先行きを不安視する声も。ただ、半導体関連需要は1―3月期は前期比でプラスに転じるとの予測もあり意見が分かれる。需要は底堅い展開でSUS304ベースサイズはトン61万―62万円どころ。
おすすめ記事(一部広告含む)