2011年6月10日

台・豊興鋼鉄、特殊鋼棒鋼を高級化

 台湾の大手電炉メーカー、豊興鋼鉄(本社=台中県)は、特殊鋼棒鋼の高級化を進め、収益力を高める方針だ。自社の技術向上と併せて、日本からビレットを調達し、「高品質化によって特殊鋼を増やす」(林明儒董事長)考え。

 需要は堅調で2011年の鋼材生産は、前年の160万トンから若干増の見通し。加熱炉の新設と連続鋳造設備の増強を12年に計画し能力を増すが、建設中心に内需の成長は鈍く、海外展開が進む製造業への対応に重点的に取り組む。

おすすめ記事(一部広告含む)