2021年11月10日

解説/神戸製鋼 通期経常益予想を上方修正/機械関連など増益寄与/脱炭素追い風に事業拡大

神戸製鋼所は2022年3月期の連結経常利益予想を750億円と前回予想から50億円上方に修正した。副原料などの価格上昇で調達コストは増えるが、コスト削減や機械関連などグループ会社の増益で利益を積み増す。自動車の減産や建設機械の販売鈍化など市場環境は前回見通しから下方に見直し、多くの品種で販売の大幅な増加は期待しにくい情勢。鋼材など販売価格の是正を推し進め、直接還元鉄など脱炭素を追い風とする事業を拡大し、収益力を高める方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)