2012年7月10日

ヤマトスチール、圧延ライン改善が完了

 ヤマトスチール(鳥谷良則社長)はきのう9日、本社工場の圧延ラインの改善工事を完了した。6月26日から粗圧延のBDミル(2重逆転式)のマニピュレーターのパワーアップを行っていたもので、H形鋼や鋼矢板など製品品質の向上が狙い。今回の改善工事に加え、店売りの顧客からの申し込み減もあって、7月減産は6月並みの2割減産、もしくはそれ以上の減産幅となる見通し。
おすすめ記事(一部広告含む)