2012年7月30日

独ティッセン、欧州鉄鋼部門8月から時短

 独鉄鋼大手のティッセンクルップは26日、受注減を受けて欧州鉄鋼部門で8月から時短操業に入ると発表した。ドイツのドュイスブルク製鉄所、ボーフム、ドルトムント、シガーランドの各工場で実施する。現状のまま推移すれば、年内いっぱいは時短を続ける可能性があるという。
おすすめ記事(一部広告含む)