2012年9月19日

JFEスチール、厚板20%追加減産 10―12月

 JFEスチールは、10―12月に厚板を上期比20%上積み減産する。新造船需要の落ち込みや輸出環境の悪化、大型建築案件の出件がずれ込んでおり、需要に見合った稼働体制に変更する。これにより、福山、倉敷、京浜の厚板全3ミルの生産量は、これまでの月間約50万トンから大幅に減る見通し。

 1―3月については、震災関連や大型建築案件などが出てくる見込みで、今後の状況を見極めて減産を継続するか、検討する。

おすすめ記事(一部広告含む)