2012年9月24日

新日鉄、CDP2012で高評価

 新日本製鉄は21日、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP2012)のグローバル500で、86点(100点満点)を獲得し、鉄鋼業界でPOSCOに次ぐ高い評価を受けたと発表した。

 同プロジェクトは03年からスタート。世界の主要資産運用会社655機関(11年時点)が、時価総額世界トップ500社に対し、気候変動問題に関する社内体制・戦略などの15項目を質問し、その回答を採点している。日本の素材メーカーとしてはトップだった。

おすすめ記事(一部広告含む)