2012年10月1日

東西で鉄スクラップ続落、09年6月以来の安値に

 国内鉄スクラップ価格が続落し、東西両地区とも2009年6月以来の安値となった。国内価格の下落に伴って、韓国鉄鋼メーカーが鉄スクラップ輸入オファー価格を引き下げるなど、下げ圧力も強まっている。

 「電炉・高炉メーカーとも鉄スクラップ消費が伸び悩む中、輸出契約がなかなか進まず、国内需給が緩和状態に陥っていることが下落要因の一つになっている」(商社)とみる向きもある。

おすすめ記事(一部広告含む)