2013年5月2日

鉄骨需要500万トン超濃厚 需要回復傾向は継続

 2013年度の鉄骨需要量は、500万トン超となる可能性が濃厚になってきた。12年度は475万9000トンと、前年比約10%増加しており、13年度も関東地区を中心とした大型開発、物流倉庫などにより、堅調な需要回復傾向は継続する見通し。リーマン・ショックの影響を受けた09年度の400万トンを割り込んだ状況から、需要は着実に回復に向かっている。

おすすめ記事(一部広告含む)