2013年5月31日

桂スチール、旧三井物産厚板加工を買収

 桂スチール(本社=兵庫県姫路市、三木桂吾社長)は、5月に操業を停止した三井物産厚板加工(住所=岡山県玉野市)の工場建屋(土地を含む)、加工設備一式を購入し、自社の玉野工場とした。既存設備を活用して建築向け切板を行っているが、8―9月をメドにBH設備を新設し、長尺・幅広サイズのBHの生産工場とする。切板についても既存設備の一部を廃棄する一方で、最新鋭のレーザー切断機やプラズマ溶断機を導入し、高効率の小板用の切板工場とする計画。玉野工場では今年秋以降、BH生産で月間800トン程度、切板で月間500トン程度、トータルで月間1300トンの加工を目指す。工場取得と設備導入を含めた投資金額は約7億5000万円。

おすすめ記事(一部広告含む)