2013年8月26日

関西CC、薄板4種定尺唱え上げ 2000-3000円

 関西地区の定尺扱いコイルセンターは先週から、薄板4品種(熱延、酸洗、冷延、表面処理鋼板)の定尺唱えを2000―3000円引き上げている。7月中旬からの第1段階の値上げは浸透したが、赤字販売が続いており、これを改善するのが狙い。実現すれば秋以降はさらに売値を上げる方針。

おすすめ記事(一部広告含む)