2020年12月23日

関西CC 店売り薄板値上げ 1月から段階的に6000円

 関西地区大手コイルセンターは、1月から店売り定尺品の薄板販売価格について、熱延と酸洗の2品種を対象に2段階でトン当たり計6000円値上げすると決めた。関西地区では10月以降、足元4000―7000円ほど値上げを行っている上、在庫のひっ迫が深刻化。他コイルセンターも、年末から2月にかけて、段階的に計5000―1万円程度の値上げを行う予定。各社で、熱延を中心に店売りマーケットの値上げの動きが加速している。

おすすめ記事(一部広告含む)