2013年12月17日

東京製鉄、サイズエキストラ改定

 東京製鉄は2014年1月契約分からH形鋼、溝形鋼、厚板の販売価格でエキストラを改定する。H形鋼は13年10月契約分以来、溝形鋼は12年7月契約分以来となり、厚板は07年2月の販売開始以来、初の改定。「品種別の製造コストを見直したほか、マーケットの需給動向および価格体系などを総合的に判断した」(今村常務)。改定幅は1000―2000円で、一部サイズは対象外。
おすすめ記事(一部広告含む)