2015年10月20日

東京製鉄、経常益2割増74億円

 東京製鉄が20日に発表した2015年4―9月期の単独経常利益は、前年同期比20・9%増の74億2100万円となった。「4―9月期の利益が計画比10億円のプラスになったことから、下期の利益計画は変えず、この上期プラス分を通期見通しにスライドした」(今村清志・常務取締役営業本部長)とし、通期利益予想を前回比でそれぞれ10億円上方修正し、通期経常利益予想を130億円とした。販売数量減と販売単価下落によって、売上高は95億円下方修正した。通期販売数量は205万3000トン。「需要見合いの減産を継続する」(今村常務)とし、前回予想の210万トンを下回るとみる。

おすすめ記事(一部広告含む)