2014年1月16日

中山鋼業、新基幹システム「SIP」 4月以降に本格稼働

 中山鋼業(本社=大阪市西淀川区、勝部敬一社長)は約2億円を投じて、昨年4月から新しい基幹管理システム「SIP」の構築を進めていたが、4月以降にも全面的に稼働させる予定。旧システムは部門ごとにデータを打ち込むなど作業が重複し、全体での把握がしづらいなどのネックがあった。これを解消し、業務効率化・厳正化を図り、顧客に製品情報提供などのサービスを行うのが狙い。

おすすめ記事(一部広告含む)